スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3月第3週の予想

 ダウの予想以上の上昇に上昇トレンドに乗りきれなかったぽっぷです。こんにちは。来週の、予想を立ててみました。

IMMポジションの推移です。

円/ドル    2/17 36,188(L) 2/24 28,635(L) 3/3 20,070(L) 3/10 18,906(L)
ユーロ/ドル  2/17 15,437(S) 2/24 10,081(S) 3/3 19,431(S) 3/10 10,232(S)
ポンド/ドル  2/17 30,570(S) 2/24 28,282(S) 3/3 25,449(S) 3/10 30,680(S)
オージー/ドル 2/17  7,290(S) 2/24  5,583(S) 3/3  2,786(S) 3/10  3,945(S)

 円ロングは順調に消化されているようです。最大で5万枚あったことを考えると円安の終焉は近いのかもしれません。ユーロのショートは先週予想した通り3月2日の窓を埋めた時点で解消されているようです。ポンドのショートが順調に・・・と思ったら増加しました。3月6日からの急降下と関係しているのかもしれません。3月11日以降は上昇トレンドにありますが、3月6日の高値1.43ドルが大きな壁になりそうです。オージーのショートも順調に・・・と思ったらポンドと同じく増加しています。3月4日の高値を超えた時点で解消されている可能性が高いです。問題は上昇トレンドの継続期間が1週間を超えることが少なく、今回は上昇幅も小さかったのが気になります。

ダウ先物 
 予想では今週は7000ドル~7500ドル付近をうろちょろするのではないかと思っています。最終的には今月中に8200ドル付近を目指してからの折り返しをすると考えています。ただし、7400ドルを突破できない場合は急降下の可能性も捨てきれません。ダウの急上昇に対して各通貨の上昇幅は思った以上に小さく、横ばいトレンドの場合は下落する可能性が高いと思っています。先週は2日に1回、ニューヨーク時間に約250ドルの上昇となっています。パターンとすれば今度の月曜日の日中に小さく下落後に夜に急上昇する可能性があります。私としてはこのパターンは月曜日まで継続してその後はダラダラするのではないかと思っています。つまり、月曜日のニューヨーク時間に7400ドルを超えて来るのか上値を抑えれるのかが来週の鍵になる可能性があります。どうなるでしょうね。

ドル/円(注目度2位)
 底値の目安として96円、それを割ると95.6円で、それ割ると93.2円の底値が見えてきます。93.2円を割ると底値探しの旅に出ます。高値の目安として98.8円、それ超えると99.6円、それを超えても101.2円付近に厚い壁があるため折り返す可能性が高いです。
 予想では、高値98.8円で折り返し95.6円を目指すのではないかと思っています。

ユーロ/ドル(注目度3位)
 底値の目安として1.284ドル、それを割ると1.274ドルでそれを割ると1.257ドルの底値が見えてきます。1.257ドルを割ると1.245ドルが意識されるようになります。高値の目安として1.299ドル、それを超えると1.309ドル、それを超える可能性は低いと思っています。
 予想では、上昇しても1.299ドルまでで折り返し1.266ドル付近まで下落するのではないかと思っています。

ポンド/ドル(注目度4位)
 底値の目安として1.374ドル、それを割ると1・366ドルでそれを割ると1.345ドルが意識されるようになります。高値の目安として1.407ドル、それを超えると1.42ドルでそれを超えても1.43ドルが上昇トレンドの限界だと思っています。
 予想では、週初めに1.42ドルを目指した後に1.345ドルを意識した底値探しが始まると思っています。

ユーロ/ポンド(注目度裏1位)
 ユーロとポンドをどちらも下落予想としていますが、ユーロ/ポンドの日足チャートが折り返しをしようとしているのが気になります。ポンドの上昇トレンド継続の可能性もあり、十分気をつける必要があります。同じ下落幅ならユーロ/ポンドも下落しますけどね。

オージー/ドル(注目度1位)
 底値の目安として0.648ドルで、それを割ると0.64ドル、それを割ると0.63ドルの底値が見えてきます。これを割ると0.624ドルが意識されるようになります。高値の目安として0.663ドルで、それを超えると0.675ドル、それを超えると0.699ドルが意識されるようになると思います。
 予想では、0.663ドル付近で折り返し、0.63ドル付近を目指すのではないかと思っています。

先週の予測結果

ダウ先物 △
 上昇トレンド継続は当たってましたが、予想以上に上昇ペースが早いです。4月は完全に下降トレンドになりそうです。

ドル/円 △
 96.5円を割らなければ上昇トレンドとして底値は95.6円でした。来週、このまま、下降トレンドへ以降すれば当たりと言っていいかもしれません。

ユーロ/ドル ×
 1.26ドルを割らなければ上昇トレンドとして底値は1.255ドルでした。1.255ドルを付けてからは底堅かったですね。予想以上に強かったです。

ポンド/ドル ×
 1.4ドルを割らなければ上昇トレンドとして底値は1.365ドルでした。ブレイクすればもっとも上昇する通貨と思っていたのですが予想は外れました。

オージー/ドル ○
 底値として0.637ドルと0.63ドルとして底値は0.63ドルでした。予想通り一番底堅い通貨でした。もっともダウの影響を受ける通貨のはずなのですが上昇力が弱いのが気になります。

 間違ってることや、気になったことがございましたらお気軽にコメントいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 為替ブログへ  ←ポチッとご協力お願いします。
スポンサーサイト

3月第2週の予測

 MT4のトレンドラインマジック(造語)に騙されたぽっぷです。何が?と思われるかもしれませんが、MT4でダウ先物をローソクチャートで表示して尚且つ、トレンドラインを引いている方はいらっしゃるでしょうか?日足のトレンドライン上ではダウの底値は6300ドルでしたが、昨日突如6460ドル付近に底値が現れました。最初何のラインか分からずに何回も見直したのですが、日足チャートで6300ドルを表しているラインが5分足チャートだと6460ドルになっているのです。何が何だかですが、見事トレンドラインの底値でダウ先物は反発し200ドルの上昇をしてくれました。6700ドルを超えて安定してくるとトレンドの転換と言っていいと思っています。
 ということで、今週からダウ先物が上昇もしくは横ばいトレンドに転換していると仮定して予想を立てます。予想では約1ヶ月くらい続く可能性がありますが、3月31日時点で6800ドルを超えているとトレンドは更に続く可能性があります。

 更に仮定として先週はダウは下落トレンドでした。その時の通貨の強弱でリスク回避通貨として
  スイスフラン > 円 > ドル 
となっている点です。現時点ではダウが上昇するとドルが上昇すると考えていいと思っています。

 あと、GMの突然の倒産や東欧諸国のデフォルトの可能性などは全く考慮せずチャートとIMMポジションからの推測で予測を立てています。

IMMポジションの推移です。

円/ドル    2/10 43,597(L)  2/17 36,188(L)  2/24 28,635(L)  3/3 20,070(L)
ユーロ/ドル  2/10  9,994(S)  2/17 15,437(S)  2/24 10,081(S)  3/3 19,431(S)
ポンド/ドル  2/10 31,930(S)  2/17 30,570(S)  2/24 28,282(S)  3/3 25,449(S)
オージー/ドル 2/10  5,848(S)  2/17  7,290(S)  2/24  5,583(S)  3/3  2,786(S)

 気になるのは円ロングの減少ぶりとポンドの安定した減少、そしてユーロのショート倍増です。ここにきてユーロのショートが倍増しているとは思いませんでしたが、3月2日の窓を3月6日に埋めている時点で解消されている可能性が高いです。ポンドに関しては1.4~1.41ドル付近での底堅さもありこの付近でショートを解消している可能性があります。円ショートは今月中に全部解消する動きになる可能性が高いと思っています。さてどうなるでしょうね。この投機筋の動きは直接的には市場全体に与えるほど大きな動きにはなりませんが、似たような人達が他にもたくさんいるはずなので大きな流れとなると思っています。

 以上の点を踏まえて来週の予測です。クロス円はめんどくさいのでやめました。ごめんなさい。ドル/円が上昇するならクロス円での取引がいいかもしれません。

ドル/円(注目度2位)
 底値が96.5円と2月12日から続く上昇トレンドを保っています。つまり、96.5円を割らなければ上昇トレンド継続です。気になっていた米国債の利率も3%を割っています。米国債を買うためにはドルが必要になりますので米国債が3~3.5%を超えてこなければ安定して上昇する可能性があります。また、円/ロングの解消の動きが早まれば急上昇の可能性もあります。96.5を割ると92.6円が次の底値になる可能性があります。とにかく、どこまで上昇するのか見物ですよね。

ユーロ/ドル(注目度4位)
 底値として1.26ドルを割らなければ上昇トレンド継続です。それを割ると底値探しの旅にでるかもしれません。3月12日(木)のECB月例報告は大注目です。どちらに動くかは見当も付きません・・・。

ポンド/ドル(注目度1位)
 底値としては1.4ドルを割らなければ上昇トレンド継続です。それを割るとユーロと同じく底値探しの旅にでるかもしれません。3月10日(火)の1月鉱工業生産と1月製造業生産高は注目です。前月比なので前月がボロボロだった記憶がありますからそこまで悪い数字は出てこないと予想しています。ここの数字がいいとダウの動きと連動して急上昇トレンドを形成する可能性があります。何度も言っていますが、私自身はイギリスの経済を全く信用していません。

オージー/ドル(注目度3位)
 底値として0.637ドルを割らなければ上昇トレンド継続です。それを割ると0.63ドルまで下落の可能性がありますが、0.6284ドルに厚い壁があるはずなのでそれより下がる可能性は極めて低いと思っています。3月12日(木)に失業率の発表などがありますが、他国に比べ経済状況はかなりいいはずです。ただ、経済規模が小さすぎるだけです。イメージとしては南アの大きい版と考えれば上下の激しさも納得できるかもしれません。ダウや上海市場に大きく影響を受ける通貨と言えます。

 一つだけ気になる点としては、ダウ先物が200ドル上昇時にどの通貨も上昇力が弱かった点が気になります。最近、毎週月曜日に窓を開けてスタートすることが多いのでそれを狙ったショートが多いのではないかと思います。月曜日の窓は要チェックです。窓が開いてないようだとどの時点かは分かりませんが、ショート解消の動きで急上昇の可能性がどの通貨にもあります。ショート解消の動きだ!と判断した瞬間が決済タイミングの可能性が高いと思いますが、サラリーマンには無理です(笑)。


先週の予測結果

 ダウ先物 ×
 毎週のようにトレンドの転換の可能性を書いてますが、今回が最後になると思います。今回転換しなかったらもうお手上げだからです(笑)。

 ドル/円 △
 底値を95円、92円、91.5円として底値は96.5円でした。底値は週初めの予測数値95円が切りあがっての96.5円なので当たりと言っていいかもしれません。ただ、高値を大幅に更新するとは思ってもみませんでした。

 ユーロ/ドル △~○
 底値を1.26ドル、1.253ドル、1.234ドルとし底値は1.245ドルでした。上昇トレンドを形成中と考えれば当りと言っていいのかもしれませんが、底値がおしい・・・。

 ポンド/ドル ×
 BOE発表で大幅な下落予想をしましたが、思ったほど継続しませんでした。思ったより底が堅かったです。

 オージー/ドル ×
 底値を0.634ドルが最有力として底値は0.628ドルでした。RBA発表前にロングを持って買い値でストップを入れたのに、翌日再度下がってストップ解消の後に急上昇・・・。やられまくりです。韓国中央銀行がオージー/ドルを売りまくってウォン/ドルの介入資金にしたという噂ですがどうなんでしょうね。

 先週は、ダウ上昇の可能性を大きく感じていたのですが外れました。現在は、どの通貨もダウの動きには反応が強いです。例えるなら、体調が悪い時に風邪を引いている人が近くにいると風邪を引きやすいのと同じです。どの国も体調がとても悪そうです。先週は、ポンド/オージーを仕込んで、下落し始めた!と思ってストップを近場に入れたとたんに、私のストップまで急上昇して再下落したことが悔しくてたまりません。チャート分析中でしたが、目を離したのはほんの数秒でのできごとでした。あと数十秒ストップを入れるのを遅らせれば数万円の利益だったのに・・・。
 今週はたくさんポジションを持ちこしています。
 ユーロ/円 124.07円 ロング
 ポンド/円 138.34円 ロング
 オージー/円 62.58円 ロング

半分はダウ上昇時に決済したので大きく窓を開けない限りは損はなさそうです。窓が開かないことを祈るのみです。様子を見て、朝一で決済するかもしれません。

 間違ってることや、気になったことがございましたらお気軽にコメントいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 為替ブログへ  ←ポチッとご協力お願いします。

3月第一週予想修正版

3月第一週の予想を修正しました。理由はまた今度で・・・。簡単に修正しています。

ダウ先物
 来週一週間で7500~7600ドルを狙う動きをすると予想します。予想としては、よほど大きなニュースがない限り7600ドルを超えることはないと思っています。先日の日記にも書いてますが、現在のダウの動きは1月21日付近の動きとかなり似ています。予想では月曜日は反発すると思っています。
これを元に各通貨の予想をします。ドル建てだと人気なさそうなのでついでに円建て予想も追加しました。

ドル/円(注目度4位)
 リスク回避通貨としてのドルは今週においては下落する可能性があります。下値としてまず95円、それを割ると92円、最悪でも91.5円を割らなければ現在のドル高トレンドは継続です。3月17日のFOMCの発表まで上昇トレンド継続の可能性があると思っています。3月17日が最高値となる場合は95円を割る可能性は低いと思っています。その場合、3月の最高値の目安は103円付近と予想しています。問題は、オージー、ユーロの上昇によって上昇が抑えられる可能性があるということです。更にポンドまで上昇となった場合は下落しそうです。上昇する通貨があれば必ず下落する通貨があるということです。ドルの場合は流通量が多いので少々では影響を受けないのですが、オージー、ユーロが上昇するとある程度は影響を受ける可能性があります。
 ついでに、オージー、ユーロの投機筋のショートポジはそんなに大きくないので急激な影響は少ないかもしれませんが、影響は受けるはずです。

ユーロ/ドル(注目度2位)
 3月5日のECBの発表で大きくブレイクしそうですが上昇9割、下落1割と予想しています。上昇することによって週足ベースでのダブルボトムの完成です。まず、下値の目安として1.26ドル、それを割ると1.253ドルまで下落する可能性があります。3月5日以降に急上昇する可能性が高いと思っています。あと、上昇したとしても1.4ドルが限界だと思っています。

ユーロ/円
 下値の目安として122.5円、それを割ると118円まで下落する可能性があります。

ポンド/ドル(注目度3位)
 ユーロと同じくポンドも3月5日のBOEの発表で大きくブレイクしそうです。上昇5割、下落5割と予想しています。3月の最底値の目安は史上最安値の1.33ドル付近だと予想しています。BOE関連の悪い噂さえ流れなければダウ上昇に伴い3月5日まで上昇傾向にあると思っています。まず、高値の目安として1.45ドルで、それを超えると1.465ドル付近まで上昇する可能性があります。 ダウ次第で、上昇力が強ければ1.5ドル、弱ければ1.45ドル、有力なのは1.465ドルとなりそうです。

ポンド/円
 高値の目安は141.8円で折り返しすると予想します。3月の最底値は118円付近と予想しています。

オージー/ドル(注目度1位)
 3月3日のRBAの発表で大きくブレイクしそうです。大きく下落後に上昇トレンドに変わると思っています。週足ベースでのダブルボトムの完成です。ダウの上昇に伴い0.663ドル付近まで上昇する可能性がありますが、2月14日の底値0.655ドル付近で折り返しをする可能性が高いと思っています。下値の目安として0.634ドル、それを割ると0.63ドル付近まで下落の可能性があります。2月14日の底値を大きく超えてくると上昇トレンドに転換と考えていいと思っています。もしかしたら3月4日の(豪)GDPの発表まで底値をうろうろするか、2段回目の下落後に上昇かもしれません。その後、悪材料出尽くしという、いつもの訳のわからない理由で急上昇の可能性があります。3月3~4日のダウの動きでかなり変わってきそうです。私としては3月4日までは0.634ドルより上ではロングを持たない予定です。

オージー/円
 高値の目安として64.4円、それを超えると66.6円まで上昇する可能性がありますが、3月3日までは65円を超えることはないと予想しています。下値の目安として60.5円付近です。

 ユーロとオージーの下値を切り上げました。オージーとユーロの上昇確率アップです。ポンドの下落率は低下しました。
 2月14日の底値を意識して取引するのは変更なしです。ただ、大きく窓を開けてスタートしたら大きく下落後に急反発するという今までの流れとは変わってきそうなので変更しています。ダウの下げ止まりと上昇による底値の切り上げがありそうです。ダウの動きには注意が必要です。
 ポンドはBOEの発表次第で大きく変わりそうなので5割と予想です。お得意の2枚舌外交が出れば下落しそうです。→「保護主義はだめだ!だけど、ゼロ金利政策を視野に量的緩和もやるよ」みたいな感じで通貨の切り下げ発言をすれば下落しそうです。通貨の切り下げは保護主義ではないですが、ほとんど同じような意味だと思っています。イギリスの政策は早いと思っているのでサクッとするかもしれませんね。発表してから取引しても十分間に合うほど下落すると思っています。

 私としては安全なのは1.オージー2.ユーロ3.ドル4.ポンドとなりそうです。オージーは底値が0.6ドルと決まっている(前回RBA介入)のが安全なポイントです。

さぁ、寝よう・・・。

 間違ってることや、気になったことがございましたらお気軽にコメントいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 為替ブログへ  ←ポチッとご協力お願いします。

3月第1週の予測

 無駄なポチポチを止めることができないぽっぷです。こんばんは。来週の予測を作成しました。来週はものすごい動きそうですね。今から楽しみでしょうがありません。当たれば大きく稼げそうですが、外れると大きく損失が出そうです。ストップは早めがいいかもしれません。

ダウ先物
 来週一週間で7500~7600ドルを狙う動きをすると予想します。予想としては、よほど大きなニュースがない限り7600ドルを超えることはないと思っています。先日の日記にも書いてますが、現在のダウの動きは1月21日付近の動きとかなり似ています。予想では月曜日は反発すると思っています。
これを元に各通貨の予想をします。ドル建てだと人気なさそうなのでついでに円建て予想も追加しました。

ドル/円(注目度4位)
 リスク回避通貨としてのドルは今週においては下落する可能性があります。下値としてまず95円、それを割ると92円、最悪でも91.5円を割らなければ現在のドル高トレンドは継続です。3月17日のFOMCの発表まで上昇トレンド継続の可能性があると思っています。3月17日が最高値となる場合は95円を割る可能性は低いと思っています。その場合、3月の最高値の目安は103円付近と予想しています。

ユーロ/ドル(注目度3位)
 3月5日のECBの発表で大きくブレイクしそうですが上昇8割、下落2割と予想しています。上昇することによって週足ベースでのダブルボトムの完成です。まず、下値の目安として1.26ドル、それを割ると1.253ドルまで下落する可能性があります。最悪でも1.234ドルを割らなければ3月5日以降に急上昇する可能性が高いと思っています。もし、1.234ドルを割った場合は・・・1ドルを割る可能性もあるので気をつけましょう。あと、上昇したとしても1.4ドルが限界だと思っています。
(修正3月1日)下値の目安1.261ドルが最有力。ストップは1.259ドルの予定。

ユーロ/円
 下値の目安として122.5円、それを割ると118円まで下落する可能性があります。最悪でも112.3円を割らなければ3月5日以降に急上昇する可能性が高いと思っています。

ポンド/ドル(注目度2位)
 ユーロと同じくポンドも3月5日のBOEの発表で大きくブレイクしそうです。上昇1割、下落9割と予想しています。3月の最底値の目安は史上最安値の1.33ドル付近だと予想しています。BOE関連の悪い噂さえ流れなければダウ上昇に伴い3月5日まで上昇傾向にあると思っています。まず、高値の目安として1.45ドルで、それを超えると1.465ドル付近まで上昇する可能性があります。予想では、投機筋の操作によって1.5ドルまで上昇後に折り返すのではないかと思っています。
 訂正(3月1日):やはり、上値は1.465ドル付近が限界と予想します。ドル/円が95円を割らない、ポンド/円の上値が141.8円と仮定した場合、1.5ドルを目指すのは無理です。1.5ドル行く場合はドル/円の底値が92円付近に変更になった時です。今のところ底値95円が有力なので1.5ドルを目指すのは無理かもしれません。ダウ次第で、上昇力が強ければ1.5ドル、弱ければ1.45ドル、有力なのは1.465ドルとなりそうです。

ポンド/円
 高値の目安は141.8円で折り返しすると予想します。3月の最底値は118円付近と予想しています。

オージー/ドル(注目度1位)
 3月3日のRBAの発表で大きくブレイクしそうです。大きく下落後に上昇トレンドに変わると思っています。週足ベースでのダブルボトムの完成です。ダウの上昇に伴い0.663ドル付近まで上昇する可能性がありますが、2月14日の底値0.655ドル付近で折り返しをする可能性が高いと思っています。下値の目安として0.63ドル、それを割ると0.6~0.61ドル付近まで下落の可能性があります。投機筋がショートポジションを持っているので瞬間的な下落の可能性があります。その後はショートポジション解消の動きで急上昇の可能性があると思っています。2月14日の底値を大きく超えてくると上昇トレンドに転換と考えていいと思っています。もしかしたら3月4日の(豪)GDPの発表まで底値をうろうろするか、2段回目の下落後に上昇かもしれません。その後、悪材料出尽くしという、いつもの訳のわからない理由で急上昇の可能性があります。3月3~4日のダウの動きでかなり変わってきそうです。私としては3月4日までは0.61ドルより上ではロングを持たない予定です。
(修正3月1日)下値の目安0.634ドルが最有力。ストップは0.629の予定。

オージー/円
 高値の目安として64.4円、それを超えると66.6円まで上昇する可能性がありますが、3月3日までは65円を超えることはないと予想しています。下値の目安として60.5円、下がっても56円付近で折り返して上昇するのではないかと予想しています。


 全体的には円売りの週でした。週足ベースで考えるとこのくらいの反発は当たり前なのですが、なかなか気がつかないものですね。皆さんは予測できたでしょうか?しかし、ドルベースで考えると動きの小さい週だったと言えます。すべては、3月第1週でのブレイクを予感させます。

 月足ベースでみるとドル/円は下落トレンド、ユーロ/ドルは上昇トレンド、ポンド/ドルは下落トレンド、オージー/ドルは上昇トレンドとなっています。円建てだとユーロ以外すべて下落トレンドと言っていいと思います。金利差がなくなりつつある今、5~10年後は想像もつかない円高になる可能性があります。ユーロは導入当初おもちゃの紙幣扱いだったようですのでEU崩壊がなければ上昇トレンド継続っぽいです。といっても、8年掛けて価値が倍になったユーロは数年掛けて1ドルを割る可能性が高いと予想しています。

先週の予測結果

 ドル/円 ×~△
 大幅な下落と予想していましたが、94.6円をあっさりと超え上昇トレンド継続でした。底値の目安として、92.6円、91円~90.6円、87円として底値は92.7円でした。底値の目安92.6円と94.6円を超えたら上昇トレンドというのは当たっていたので本当は△~○にしたいのですがが、大幅な下落と予想してしまったので・・・。

 ユーロ/ドル △
 底値の目安として1.275ドル、1.2565ドル、1.25ドルとして底値は1.26ドルでした。ブレイクしないかなぁって思ってましたがやはり来週になりそうです。底値の1.26ドルは週初めの予想1.2565ドルが切りあがって1.26ドルとなっているので当たりと言えば当りだと思っています。

 ポンド/ドル ×
 1.415ドルさえ割らなければ上昇トレンドとし、高値の目安として1.46ドル、1.48ドル、そして1.5ドルへの挑戦としましたが、底値は1.41ドル、高値は1.466ドルでした。なんともかんとも・・・。

 オージー/ドル △~○
 底値の目安として0.635ドル、0.63ドルとして当面の高値目標として0.654ドルとしていました。底値は0.634ドル、高値は0.655ドルでした。まぁ、予測通りと言っていいのかもしれませんが、ブレイクする可能性が高いと予想していただけにおしいです。


 最後にこっそり
 来週の注目通貨ペア裏1位はユーロ/ポンドです。当たればかなりでかいかもしれません。売り買いの繰り返しになりそうです。

 間違ってることや、気になったことがございましたらお気軽にコメントいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 為替ブログへ  ←ポチッとご協力お願いします。

2月第4週の予想

 無駄なポチポチを止めれば大幅なプラスだったことに気が付いたぽっぷです。こんばんは。今週はダウ上昇と思いながらテクニカルっぽい分析をしました。リスク回避としての通貨は ドル > 円 ≧ スイスフラン ≧ ユーロ ≧ 他通貨 といったイメージです。ポンドはリスク回避というよりも単に強い通貨として考えています。本当はそういう先入観はよろしくないのかもしれませんけどね。

 ドル/円(注目度3位)
 第3週のうちに1月6日の高値94.63円を抜けなかったので下落への転換を感じます。反対に言えば、94.63円を抜ければ上昇トレンド継続の可能性があります。底値としてはまず、93円(92.6円に訂正2月22日)でこれを割ると91円(~90.6円に訂正2月22日)まで下落の可能性があると思います。91円(90.6円に訂正)を割ってしまうと87円まで下落の可能性があります。そこからは、どこまで下落するかは予測できません。私としては現在、1ドル90円を基準として考えるようにしています。そう考えると今は円安状態と言えるかもしれません。
 予測としては来週から急降下で87円付近、もしかしたら87円を割る可能性もあると考えています。鍵は94.63円です。(大事なことなので3回・・・。)

 ユーロ/ドル(注目度2位)
 まず、底値として1.275ドル、それを割っても1.26ドル(1.2565ドルに訂正2月22日)に厚い壁があるはずです。最悪でも1.25ドルさえ割らなければ上昇トレンド継続と考えています。2月14日の安値1.2855ドルを2月21日高値1.2883ドルと超えていることで先週の窓を埋めた状態となりました。上昇トレンドへ転換したと思っています。昨日の日記と反対のことを書いていますが、昨日のは一時的な下落を指しています。
 予測としては急上昇の可能性があります。ドルストレートでロング予定です。底値で拾えれば長期保有(1ヶ月程度)も考えています。

 ポンド/ドル(注目度4位)
 まず、2月20日に付けた底値1.415ドルさえ割らなければ上昇トレンド継続です。当面の目標は1.45ドルで、2月13日の高値1.46ドルを超えると1.48ドルが見えてきます。更にそこを超えると1.5ドルへの兆戦が始まると思っています。1.5ドルを超えるとどこまで上昇するのか見ものです。
 上下が激しいですが、急降下後に逆張りでドルストレートでロング予定です。ただし、イギリスの経済を全く信用していないので常に急降下のリスクがあると感じながらトレンド重視で取引している感じです。半分は早めに決済して利益をだしてストップはかなり近めで設定します。1.48ドル付近で折り返しの可能性がかなり高いと思っています。早ければ2月27日から遅くても3月中旬までには急降下すると思っています。

 オージー/ドル(注目度1位)
 先週は期待してたのに上昇力がいまいちだったオージーです。底値として0.636ドル付近(0.635ドルに訂正2月22日)でそれを割っても0.63ドルに「かなり」厚い壁があるはずです。最悪でも0.625ドルさえ割らなければ上昇トレンド継続と考えています。当面の目標は0.654ドルでそれを超えると0.664ドルが見えてきます。2月9日の高値0.685ドルを超えると完全な上昇トレンドだと思います。
 予測としては、上昇トレンドに転換していると思っています。もしかしたら、オプション5000枚のショートがまだ処分されてないのかもしれません。上昇し始めたら一気にいく可能性を感じますのでロングする機会を見逃すと手がつけれないかもしれません。今週の注目通貨になる可能性が高いと思っています。イギリス、EU、アメリカと比較して経済状況はましなほうだと認識しているので底値で拾えば当分の間、保有できるのではないかと思っています。定額給付金でカジノの売上が増加したニュースを見て、定額給付金で生活用品を買ったり貯金をしないで済むということはそこまで国民に危機感がない証拠だと思っています。あぶく銭だからパーッと使ったんでしょうね。また、資源関連の在庫調整もそろそろかなり進んでいると予想していますし、金価格の上昇も後押しすると思っています。ただ、過去5年の傾向として3月中旬から末に掛けて急降下していることが多いです。

 全体的に
 過去4ヶ月間は月末の20日付近で大きく円高に振れる瞬間がありましたが、今月はドルの下落と考えています。ドルの下落によって結果として円高となるかもしれませんが、私の現在の基準は1ドル90円です。今週は90円を割る日があると思っています。つまり、ドル/円はショートで他通貨はドルストートのロングでの取引を予定しています。

先週の予測結果
 ドル/円
 ×です。92.5~93円で折り返しと予測していました。
 ユーロ/ドル 
 △です。底値の目安を1.27ドルとしてましたが割ってしまいました。1.27ドルを割ったら下落トレンドというのは当たっていたと思います。
 ポンド/ドル
 △です。底値の目安を1.42ドルとしていましたが1.41ドルでした。
 オージー/ドル
 △です。底値の目安として0.645ドル、0.637ドル、0.624ドルとして結果底値は0.633ドルでした。底値探しの週と予測していたので本当の結果は今週となりそうです。このまま上昇トレンドに転換すれば◎となりそうです。

 全体的に見て、ドル・ポンドが強すぎ円弱すぎの週でした。ポンド、オージーの底値もドルが強すぎということを考えるとだいたい当たっていたと思っています。

 追記
 各国の政策金利発表日です。ここでの噂がでるとトレンドは大きく変わるので注意が必要です。
 3月 3日 豪州・カナダ
 3月 5日 欧州・英国
 3月12日 NZ
 3月17日 日本・米国

 更に追記
 先週の動きの中でオージーの急上昇時にドルの上昇が抑えられたこと、ユーロ上昇時にドルが下落したことは、投機筋のオージー、ユーロのショートポジションの解消だと思っています。すべてを解消してるわけではないと思いますが念のため手持ちのショートポジを減らしたのだと思います。現在、投機筋がショートポジ解消のタイミングを計っている状態と言えます。予想だと今週、遅くても来週の政策金利発表時頃にはショートポジ解消によるオージー・ユーロ急上昇とドルの急降下があるはずと予想しています。
 
 間違ってることや、気になったことがございましたらお気軽にコメントいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 為替ブログへ  ←ポチッとご協力お願いします。

 | HOME |  »

ぽっぷ

Author:ぽっぷ
年収300万の地方のサラリーマンです。一週間ほど1000万↑の口座資金を眺めてたのが懐かしいです。


-----ランキング参加中-----
『ブログセンター』
『為替フログ』
『FC2 Blog Ranking』



 -------今日の相場運-------             

-----------お友達-----------
・FXと出会ってから☆
・桃屋日記
・ぴーちょのどすこいトレード
・FXしてみちゃう?
------お気に入りサイト------
・サブプライム問題まとめ
・外為FXスキャルピング~るぐる
-----息抜きコピペブログ-----
・ほんわか2ちゃんねる
・育児板拾い読み@2ch
・引いた瞬間、冷めた瞬間
・ハムスター速報 2ろぐ このブログをリンクに追加する
   
           

未分類 (107)
バーチャルFX (3)
マネックス (1)
チャート関連 (8)
外為オンライン (2)
生命保険 (2)
週間予想 (7)
マネーサプライ (1)
IMMポジション (1)
各国の情報 (4)
自動売買システム (19)



腰痛とさよならできるかも
メッシュハイバック OA チェア 66009


----------商材・情報---------
『フィスコの特選情報』
直近約5ヶ月で7593pips(為替差益約76円)をも獲得
ビギナーのための図解サポート体制完備!
政府も恐れる“空売り”をベースにしたシステムトレード戦略
★嘘をつくな!28歳ニートがFXで荒稼ぎ?
一級建築士があみだした初心者でも稼ぎまくる岡根流ガッチリFX投資法
読者2万人を抱えるFXブログの最高峰 ノウハウをすべて公開!
クレディ・スイス、あさひ銀行に数十億の利益をもたらしてきた
伝説のディーラーがそのノウハウを大暴露!


----------外為取引---------
手数料無料のFX kakakuFX
外国為替証拠金取引のフェニックス証券
MT4の121証券
パンタレイ証券が運営する「みんなのFX」
キャッシュバック・キャンペーン実施中<FXプライム>
スワップ派必見!トルコリラ
ヒロセ通商株式会社
100円からのFX:キャンペーン実施中
株式会社マネーパートナーズ
取引手数料無料、南アランド含む通貨ペア32種類のFX!
株式会社MJ 
フォーランドフォレックス
サイバーエージェントFX
外国為替証拠金取引ならFXブロードネットへ
外国為替証拠金取引なら外為オンライン
マネックス証券
「金」「白金」「ガソリン」などお取扱マネックスの商品先物取引
FXは外為どっとコム

------------銀行-----------
イーバンク銀行
ジャパンネット銀行
ポケットバンク

----------生命保険---------
【無料】最大15社の生命保険を一括パンフレット請求!
保険モール/各社がん保険の保険料をネット上でリアルタイム検討

-------比較サイト------
比較.com 資格情報
比較.com スクール・講座一括資料請求
比較.com 引越し屋さん
比較.com 自動車保険一括見積り


-------アフィリエイト------
【ADコマース】アフィリエイトサイト募集中!
[PR]登録サイト65万突破!A8.netでアフィリエイトをはじめよう!

アフィリエイト・SEO対策
カウンター
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。